ジェロボアムに入荷するワインなどの情報、限定商品のご案内を行うページです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
テール・ドレのボージョレー・ヌーヴォーを試飲しました!

航空便をボイコットしているので、毎年、年末までボージョレー・ヌーヴォーを飲むことはないのですが、今年はこっそり航空便のを1本取寄せて試飲してみました。

いえいえ、こっそりってことではなく、今年初めて船便で入荷することになったジャン・ポール・ブランさんのボージョレーを120本買い付けるので、ちょっと気になり・・。 通常と違って“試飲して美味しいから仕入れる”のではないですから!

で、結論から言いますが、ほっとしました!美味しいんです!

今年は冬から春にかけて気温が上がらずまたもや異常気象に悩まされるか・・と不安視する声がありましたが、6月末から好転し、豊富な日照量、暑さと乾燥で濃度がついた状態で収穫期を迎えたということで、良・質共に優良な年。作柄良好と毎年報じるメディアの言うことは今年は本当でした。

15日に飲んだお客さんからも、濃くて美味しかった!という感想を聞きました。でも濃いのがいいの?ボージョレーで?などと思いながら、届いたJPブランさんのボージョレーを抜栓。お客様から差し入れがあった他の某蔵元のヌーヴォーも同時に抜栓して比較してみました。

某蔵元のはバナナ、野苺のチャーミングな香り。液質は聞いていたほど濃くはないですが、口に含むと・・しっかりした旨みと強めに抽出されたタンニン。口中に広がるのはダークチェリーやブラックベリーの香り、余韻は丁子などのスパイス。なるほど力強い。これは、確かに優良年の味。そしてこの蔵の味筋かもしれませんが、難しい数年の後の極旨な葡萄が得られた年だからか、醸造家の気合が出まくりの仕上がり。後口に軽い苦みがありましたが、時間の経過で折り合いバランスが取れました。(翌日のほうが美味)

さぁ、そしてJPブランさんのボージョレー。その特徴的な製法については前記事をご確認頂きたいと思いますが、現代のボージョレーではほとんど残っていないMC醸造をしない蔵元で、培養酵母を使用せず、一般的なボージョレーよりもおよそ3倍の日数をかけて浸漬醸造を行います。MCの典型的香りともいわれるバナナ香はなく、マラスカ種のようなレッドチェリーや山桃、プラムが香ります。そして口に含んで驚かされました。届いたばかりというのにアルコール感が立たず、新酒らしからぬ落ち着き、曇りのない味。暑かった?乾燥していた?甘くなく、タンニンは肌理細やかで、するする・・っと喉を通り、試飲なのに吐き出せませんでした。余韻にはシナモン、わずかに野ばら、蜂蜜。若手自然派醸造家のワインも勢いがあるし、時に驚きを与えてくれますが、何十年も自然派の道を貫いてきた人が醸すワインの深みの前では・・といった感じでしょうか。あぁ、ほっとする・・。

でも、どちらが良いというものではありません。それぞれの持ち味が違いますし、飲む時のシチュエーションで使い分けができます。お肉料理を食べる時なら前者を、日本料理を食べる時なら後者、JPブランさんのワインを!

ワイン屋は自分の好みを捨てるべき・・と常々言っていますが、50代になり食の好みも変化してきて、ついついあっさりめのワインを選んでいます。JPブランさんのワインはクリスマスあたりには到着すると思いますが年末の疲れもこれで癒やされそうです。僕はお正月におせち料理と共に楽しむのも、シャンパーニュの後にはこのワインにしようと思っています。

(航空便の価格は税抜3800円、船便のジェロ価格は税込2800円。価格にも納得です。)


 

今年の新酒、これをおすすめ!

ドメーヌ・テール・ドレ ボージョレー

キュヴェ・ランシアン

醸造家はジャン・ポール・ブラン氏。

現代のボージョレーでは一般的なマセラシオン・カーボニック(炭酸浸漬醸造、MCと省略)という醸造法を行わず、伝統的な

ブルゴーニュなどと同じように、培養した酵母の添加なしで長期浸漬醸造を行う孤高の人。

 

ボージョレーでは販売解禁日が決まっているために、収穫が早い年であっても遅い年であっても、瓶詰めして出荷しなくてはならない日が自ずと決まります。そこで短期間で出来、しかも風味豊かで魅力的なワインにするために考案されたのがMC。現在では、新酒でなくてもこの製法で醸造されるワインは増えていて、いわゆる自然派ワインでも多く採用されています。短期間で出来るということ以外で、醸造過程での酸化のリスクが少なく、フレッシュで軽やかで飲みやすい・・酒離れしていると言われる現代の飲み手にも受け入れられやすいというメリットがあります。

ただ、MCで造るとMCという製法に由来する特徴が強く表れてしまい、本来ワインが表現するべき産地の特徴(テロワール)を隠してしまうという意見も少なくありません。

ブラン氏も、「マセラシオン・カルボニック製法で造るヌーヴォーは、私にとってはただの葡萄ジュース。長期マセラシオンにより、葡萄は本来の実力を発揮し、ワインにテロワールを表現する 」と語っています。

 

ブラン氏が手掛けるワインの名前にあるAncien、これは昔ながらの方法でという意味ですが、樹齢45年の古い樹から収穫したガメイ種の果梗を取り除き、厳選した粒のみをタンク内で潰し、果汁に果皮などの固形分を浸漬。15日間かけて野生酵母のみで発酵。まさに昔ながらの方法で醸造を行っています。通常、このような仕込みを行った場合、タンクや木樽、もしくは瓶に詰めた後に数か月間の貯蔵を経て、翌年以降にリリースされるので、即出荷の新酒としては、短期間で味わいが落ち着いているのか?という不安がなくもないのですが、今年は暑く乾燥していた夏で収穫が早かったため、じっくりと時間をかけて醸造するブラン氏にとって理想的な年だったはずです。

また、今回、航空便も輸入されますが、当店では船便のみの採用です。本来、熟成を要するスタイルのワインですから1ヶ月ほど遅れて届くのも好都合かもしれません。

到着日が未確定ですが、クリスマス、またはお正月に楽しむワインとして特におすすめです。(税込2800円)

ただいまご予約を承っていますので、店頭・お電話・メールなどでお申しつけくださいませ。

2018年、新酒のご案内。(輸入ワイン)

続いて、輸入ワインのご案内です。
今年も、航空便は取り扱わず、船でどんぶらこ〜と届く、スローな新酒のみ。
蔵元・銘柄については、毎年おなじみのものばかりですが、ボージョレー産に新たに1種加わります。

 

南仏からは毎年大人気のローラン・ミケール氏が手掛ける3種が到着。
サンシニアンに本拠を置く大きめワイナリーですが、化学的な農薬や肥料を減らす農法を採用、低価格ながらムラのないする品質で信頼できる造り手です。

(カザル・ヴィエルという名称で流通しているものと同じ造り手です)

ボーシャン ヌーヴォー 白           ¥1600(入荷済)
ソーヴィニヨン・ブラン種主体のブレンド。アロマ豊かなやや辛口。
ボーシャン ヌーヴォー ロゼ        ¥1600(入荷済)
シラー種を用いたロゼ。南仏産らしく陽気でフルーティーな辛口。
ボーシャン ヌーヴォー 赤           ¥1600(入荷済)
ボーシャン赤は今年もピノ・ノワールから!和食とよく合います。

 

新酒といえば・・ボージョレー産ですね。やはり。
でも、11月第3木曜日に販売解禁する航空便は扱いません。
少し遅れて船で届きますが、良いこともあります。のんびり待ちましょう。

シャサーニュ ヴィラージュ    ¥1800(12月下旬)
例年、渋みのあるしっかりした味になることが多い蔵です。
テール・ドレ ランシアン     ¥2800(12月下旬)
孤高の職人JPブラン氏作。違いの分かる方にお薦め!

 

ワインの産地には、どこでも出来立てのワインが存在します。
イタリアでも各地に新酒“ノヴェッロ”があり、秋冬の食卓を彩ります。

グレヴェペーザ サンジョヴェーゼ ¥1600(12月下旬)
トスカーナのキァンティの蔵。新酒とは思えないしっかりした質感。

 

そして、新酒と言えば・・オーストリア産も有名です!
酒場自体を表す言葉でもありますが"ホイリゲ"と呼ばれます。

ツァーヘル フィールドブレンド     ¥2400(12月下旬)
多品種混植・混醸による、スッキリ辛口仕上げの白ワイン。
ツァーヘル ツヴァイゲルト     ¥2400(12月下旬)
新鮮なラズベリーのような甘酸っぱさが魅力の軽やかな赤ワインです。

 

上記のコメントの一部は昨年までの傾向をもとに表したものです。
作柄によってはイメージが異なる場合があります。ご了承願います。

2018年、新酒のご案内。(日本ワイン)

本当に早いもので、今年も新酒のご案内をさせていただく時期となりました。
ご住所をご登録させて頂いているお客様にDM(葉書)で新酒のご案内をお送りしましたが、ホームページでのご案内のアップが遅れてしまいました。申し訳ありません。)


冬季五輪やサッカーのワールドカップ、様々な話題を呼ぶ出来事が多かったけれども、大阪や北海道での地震、そして台風や大雨などの異常気象による被害が世界全体を見ても多かったというのは、誰もが持っている今年の印象ではないでしょうか。そんな2018年ですが、日本、ヨーロッパのワインの生産地からは、高い品質の葡萄が収穫できて、ワインの出来も素晴らしい・・という嬉しいニュースが入ってきました。
ジェロボアムが今年取り扱う新酒は、過去最多の21種となりそうですが、入荷時期・入荷数が決まっているものから、ご案内をしていきます。まずは日本ワインから〜。(価格は税込表示)

 

シャンテ、デラウェアMamma Mia! ¥1500(入荷済)
今年は入荷一番乗り。山梨は勝沼のダイヤモンド酒造さんのデラウェア。
生葡萄のようなアロマ、すっきりした辛口。今年はちょっとオレンジ色。
シャンテ、プチ・シャルドネ   ¥2000(入荷済)
今年は入荷一番乗り。山梨は勝沼のダイヤモンド酒造さんのデラウェア。
生葡萄のようなアロマ、すっきりした辛口。今年はちょっとオレンジ色。
はすみふぁーむ、ナイアガラ   ¥1500(入荷済)
長野県東御産。新鮮な葡萄を頬張ったようです!味は意外なほどスッキリ。
はすみふぁーむ、東御ヌーボー  ¥1500(完売)
東御の特産、巨峰を浸漬醸造したもので、赤の辛口弱発泡性ワインです。
はすみふぁーむ、コンコード   ¥1500(入荷済)
山葡萄の甘い香り、味わいはドライですっきり。どこか懐かしい・・昭和の味?

 

〜以下は10/17時点で未入荷分〜

くらむぼん、甲州        ¥1600(入荷済)
勝沼の老舗ワイナリー。柚子や和梨のような繊細なアロマ、スッキリ辛口。
タケダ、サン・スフル      ¥2100(入荷済)
山形産デラウェア種を使用した白濁&発泡性ワイン。香り豊かな辛口。
ココ・ファーム、のぼっこ    ¥2500(入荷済)
栃木県足利のこころみ学園のワイン。小公子という黒葡萄から。ガス圧強め。
都農ワイナリー、キャンベルアーリー¥1400(入荷済)
南国宮崎県産らしい陽気なキャラクター。キャンディーのような香り、甘味。

 (白ワイン ロゼワイン 赤ワイン です)
上記のコメントの一部は昨年までの傾向をもとに表したものです。
作柄によってはイメージが異なる場合があります。ご了承願います。

 

※上記のほか、12月には、みなさんお待ちかねの・・元四恩醸造の小林剛士さんの共栄堂から、白・橙・赤の3種がリリースされる予定で、北海道のドメーヌ・モンさんからも昨年に続き、ナイアガラ種のペティヤン“Monpe”が届く予定です。
今のところ、入荷時期と入荷本数が決まっていませんので、ご予約はお受けしていません。詳細が決まり次第、当HPでご案内させていただきます。

小布施Sake Erotique 6号 Domaine Miura & Sake Naturel

Sake Erotiqueの入荷も今シーズン最後の便となりました。

小布施高山村の米処で、岩魚が住む清流が流れる山田地区の2つの農園の美山錦のものです。

ひとつは無農薬米栽培で知られる三浦農園産を6号酵母で仕込んだもの(今回は慣行農法の分)、もうひとつは自然農を行う田幸農園の米を自然発酵させもの。

今年のSake Erotique、どれも個性がしっかり表れた素晴らしいものでしたが、いよいよクライマックス。本日より店頭販売しますのでお早めに!